2015年08月25日

キャラ使用制約を追加します

最近、パクリ・リスペクト大会が増えてまいりました。
しかし、どれもこれも自虐的表現があったりOP見たら画質音質が酷かったり文字が見辛かったり編集ガバガバだったりアドオンに工夫が無かったりなどと惨憺たる状況でした。酷い人は日本語らしい日本語も話せないと。
なので新たに制約を設けます。

意識の低いパクリ・リスペクト大会に出場させることを禁じます。

2015年8月25日現在で出ちゃってるのはもういいです。

視聴者・制作者の両面から、現状に対してなるべく力を注いで動画制作を行って欲しいと訴えます。
ですが、自作を客観的な目で見るのは難しいことだと思います。後で悔やむ分には全然構いません。
私もキャラ制作においてその最中はより良いものに仕上げようとしていますし、公開した後でああすれば良かったこうすれば良かったなどといったことは多々ありますしね。

自キャラが出てるかもしれない・興味をそそるタイトルだなと思ってOPページを開き見ることに時間を割くのはもう懲り懲り。
posted by DRM at 22:57| Comment(9) | MUGEN その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
安易にシングルランセレやhumi氏リスペクトをやる人の事かな?
Posted by at 2015年08月26日 08:55
最近はルールもキャラ選もワンパターン化してきましたからね・・。しかもそういう大会がオリジナリティある大会より再生数とっちゃったりすることもあるのが悲しいところ。
マネするならマネするで本家を超えてやるって気概を見せてほしいですがそれすら無く自虐に走ったりしてるし。
Posted by at 2015年08月26日 18:09
>上の名無しさん
大会には長らく定着した一般的・基礎的なルールや仕組みがあると思います。それに準じる人のことではなく、ある人が考えたタイトルや付加的なルールを引用して、かつ、元動画のクオリティを維持・向上出来ずにシリーズを継続していく上で良い効果をもたらさないと思われる人のことです。

>下の名無しさん
MUGENも長いこと続いていますし、ある程度のワンパターン化については仕方のないことかと思います。
再生数もコンスタントなものが理解されやすいことの証明になっているかと。傾向を把握しかけている、あるいは把握しているという状況で楽しむ人も大勢いるということだと思われます。私も大雑把にも結果が分かるようなもの以外なら楽しくないというわけではないですしねw
更に加えると大会も多いわけですし、視聴に割く時間や関心の方向性などを考えれば取捨選択もせざるを得ないと思います。
そうなると、オリジナリティがあっても初めのうちは中身が把握しづらいので伸びにくくなるのではないかなと。
Posted by DRM at 2015年08月26日 21:28
DRMさんの心境も分かりますし、キャラの使用に制約を付けるのは良い事だと思います。

ただ、「この大会は○○のパクリだから制約違反だ、出場禁止にしろ」といった感じで
勝手に決め付けて動画にいちゃもんを付けてくる輩が現れる可能性もあるのが怖い所。

自分はDRMさんのキャラが好きなので、動画での出番が極端に減ってしまったら悲しいですね。
Posted by at 2015年08月26日 21:30
狂中位大会やりたいならまずはhumi氏よりもゼットン前後とルガール2ndのサクラ@さん氏を見習えって思いますね。

氏の大会は派手さこそ無いものの綿密な審査や古今東西万遍無くバラけた出場者からMUGENに対する情熱をしっかり感じ取れる狂中位ランセレ大会のお手本のような大会を開くことに定評があります。

humi氏大会は希望絶望も純粋もワンチャンもあくまで天才の発想であって素人が真似したところで劣化コピーにしかならないのは目に見えているのになぜこぞって真似したがるのか。

個人的には賢者英霊のようなランダムダンジョン方式がもっと増えてほしいと思うんですけどねぇ
Posted by at 2015年08月26日 21:41
>上の名無しさん
事前報告を必ずするようには求めていませんが、それがあれば、私が許可を出すことで更にその旨がOPページなどに記載されてあれば解決されますね。
喚起している以上、単純な報告ではOKは出しませんけれども。
これは大会主催者の裁量次第かと。
報告が無い場合は、もし私がOPを見ることがあればこのブログで使用可否を明示するまでです。

私のキャラを好きでいてくれてありがとうございます!


>下の名無しさん
誰がどれを参考にするかは自由です。
人気な大会は人気たる理由がありますし、どれを参考にしても良いものだと思っています。

ただ真似する、というのはそれを面白いと感じたからでしょう。
楽しみや面白さや感動を共有したいという気持ちは誰にでもあるものだと思います。コメント機能がそれを如実に反映してるかと。
面倒事は省きたいのが人間の性分でしょうし、感情が先行すれば恐らく出来の悪いものになるでしょう。
Posted by DRM at 2015年08月26日 23:07
私事で色々と迷惑をかけてしまい申し訳ありませんでした。この場を借りて謝罪させていただきます。
Posted by チェイン at 2015年08月27日 14:40
>チェインさん
これからはより良い動画制作に是非努めてください。
Posted by DRM at 2015年08月28日 00:50
がんばります!
Posted by チェイン at 2015年08月28日 13:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]